本日、ラストチャレンジデー…

不甲斐ないプレゼンを見逃すと
ただ「やった」という事実が残るだけでなく、
「考察」や「評価」による「学び」の
機会を見逃すことになりかねない。
これを大学の演習や特講の常態化にしてはいけない。
ということで「ラストチャレンジデー」を設けた。

K0011683
※写真は参考。

イレギュラーであるが、
「面倒を見る」って
そういうことも含むのではないか、と思う。
対象者の奮起を期待するだけではなく、
自主的に再チャレンジする合格者群にも
機会を提供することにした。
全ては社会に出て以降に役立つはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>