チームワーク力・・・

大学4年間を通じての社会人基礎力の修得は全ての学生にとって必須である。これで完璧という基準は設定が難しいが、それでも企業は一定水準以上に到達していることを求めて来る。無計画に大学生活を送っていたのでは、何の対策にもならない。

 

社会人基礎力は・・・

◆「前に踏み出す力(Action)」

◆「考え抜く力(Thinking)」

◆「チームワーク力(Team Work)」

K0011463

という3つの因子から構成され、その下に全部で12の下位尺度となる項目がある。

 

一つ一つを見てみると、確かにどれも必要で疎かにできないことばかりだ。しかるに、普通に大学で授業を受けて、要卒単位を取得していれば問題なく就職活動で内定を勝ち得ることができるのだろうか?実はそのようなことは殆ど困難である、と思っていた方が良い。ただ出席して、内容も理解しないまま座席を温めているだけで社会人として求められる能力が身につくと考える方がどうかしているが、そういう学生は日本中にゴロゴロしている。文系であれば名門大学とて例外ではない。

 

コミュニケーション力も、企画力も、運営力も、課題発見力も、判断力も、時間管理能力も、どれもこれも「通常の授業」に参加するだけでは、絶対に修得できない。それで、ウチでは、ゼミ活動や各種の特講、インターンシップ、学外研修等に力を入れているのだ。

 

お陰様で学内外の協力者のお力添えも賜りながら、数多くの業績を残してきた。大学生デビューを果たした伸び白がたっぷりの学生は観ていて面白い。26年度も楽しみが満載の九州共立大学経済学部スポーツビジネスコースである。