2013年度保護者懇談会・・・

K0011109

 

13時から始まった保護者懇談会全体会は13時半から各ゼミ担当教員による個別面談へと移行した。私の担当は6家族だった。一人15分見積りで他の先生方は対応されていたが、私のところはそれぞれ時間が押してしまい、結局2時間以上を要してしまった。1家族当たり20分以上かかった計算になる。

 

しかし、年に一度のイベントでもあるし、そうそう保護者と話す機会は無い訳だ。宮崎、大分、長崎から雨の中をわざわざ出て来られているのに15分で帰ってもらう訳には行かないし、そもそもゼミ生たちとはそんな浅い付き合いではない。話すことは山ほどあるのだ。

 

本当なら夜通し話したい位だよ。でも非常に充実した時間であった。大学生は家や家族から自立するタイミングでもあるが、自立とは孤独になることではない。取り巻く側からすれば、「彼」や「彼女」達を一人前の社会人として認め、受け入れていくための関係を作るタイミングでもある。その最小、最近の関係が保護者や教員である。ならば、そこがしっかりと意思疎通を図っておくべきじゃなかろうか?そういうことを考えながら保護者各位とコミュニケーションを深めさせていただいた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>