研究室へ卒業生がやってきた・・・

「お口に合うかどうか分かりませんが・・・」と持ってきてくれたのはひよ子サブレー。K0011107

福岡が誇る銘菓だ。

 

彼は「本当にやりたい仕事は別にあるのですが、先ずは社会人としての実績を作るために」と言って全く畑違いの業界へ就職した。営業職だが、クライアントの方が専門知識に詳しいという特殊な業界だ。

 

それもそのはず相手は全員国家資格保有者だから。そこで彼は、恥ずかしくない程度の知識は勉強しつつも、余計なことに口を挟まずに、「反応」・「スピード」・「好感度」に集中して高頻度にクライアントの下へ出向くというスタイルを自分なりに構築し、結果を出し続けている。目下、営業成績はトップクラスとのこと。全社員中で、だ。素晴らしいじゃないか。

 

しかし、それ故の苦悩もあるとのことだった。そこで、行きつけの喫茶店で日替わりランチを食べながら話すこと1時間強。帰り際には「自分なりに色々考えていたつもりでしたが、先生と話をして甘かったということに気付かされました。すごく面白いヒントをいただいたのでまた色々考えてみます。仕事も頑張ります」と力強く宣言してくれた。

 

どれだけ役に立てたのか分からないが、これからも一生付き合う仲間の一人だから私も彼らに見合うように頑張らなければいけないね。切磋琢磨は生涯続けていきたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>