交流・・・

昨夜、同級生の月一の会食の席に森部ゼミ卒業生を呼んだ。もちろん、同級生には何の関係も無いのだが、

「良いかな?」
「良いよ」

で決まった。紹介しても恥ずかしくないと確信して呼んだ男は、入社一年で係長に昇進した同期No.1の出世株でもある。

そして今朝…

□■□■□■□■□■□■□

森部先生
おはようございます(*^^*)
昨日は貴重なお時間ありがとうございました。

森部先生の『(こいつは)頑張っているから』というお言葉には大変励まされました。

同時に、抱え込むことを少しはやめなければと感じましたm(__)m

バランスに気をつけながら、全力で取り組みます。

森部先生には、心から感謝しております。

昨日は本当にありがとうございました^^

□■□■□■□■□■□■□

とメールが来た。それでこう返したのだった。

□■□■□■□■□■□■□

良い顔をしてたよ。

K0010697

友人達が持った「感じの良い人」というのはお前の強みだ。

信じた道、好きな道だからとことんやれば良い。抱え込むなんて感覚も自然に無くなるよ。だって「楽しいから」ね。

ちなみに俺は何一つ嫌々やっていることはない。面倒な仕事でも、お金にならない仕事でも、それなりの楽しみ方はある。多分、料理を作る感覚に近いね。

「金儲け」が第一の人や、「働かないと食べていけないから」という感覚の人だと分からないだろう。

でも、それが正しいかどうかは別として、基本的には「自律処行」の考えでいると大丈夫だよ。俺はそう信じている。有難い「教え」だよな。

加えて、俺の出た大学のモットーは「自由と進歩」なんだ。俺はその通りに生きているから気持ちもブレない。哲学は大事だと思わないか?

こういうやり取りができるようになった「お前」という存在に心から感謝しているよ。共にスポーツビジネスの分野を盛り上げて行こう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>