困っている仲間がいる・・・

自分には何ができるだろうか?
自分に余裕がある訳ではない。
でも他人を気遣う気持ちは無くしたくない。
他人が困っているのに気付く感性は失いたくない。
気付いたら声をかけてあげたい。
何か協力してあげたい。
でも何ができるだろうか?
自分に力があるのだろうか?
そういった点では不安になることも少なくない。
でも力が欲しいなら力をつければ良い。
僕には助けてくれる仲間がいる。
力になってくれる友がいる。
足りないのは彼らが困った時に助けてあげられる力。
その力は変幻自在で不定形だ。
時にはお金。
時にはもの。
時には情報。
ん?これってもしや・・・
「経営資源」じゃないか。
あとは「人」だな。
これがマンパワーだ。
僕がその人になれば良いんだな。
よし、なろう。なってやろう。
体力にも気力にも脳力にも自信はある。
そう思った時に出て来たアイデアがこれだ。

スポーツの持つ力。
スポーツビジネスには大きな可能性がある。
その可能性をもっと上手に利用できるようになる。
それが今の目標だ。
そういう学生、企業家、行政職員とのネットワークを強化したいね。
熱くて本気の方なら老若男女は問わない。
九州共立大学森部研究室へお越しいただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>