例えばこういう勉強方法もあるよ・・・

「将来どんな仕事に就きたいの?」
とは新入ゼミ生に対して多くの大学教員が最初に聞く質問ではないだろうか?

私自身、そう尋ねたことが無い訳ではない。
けれども今はあまり聞かないようにしている。
と言うのも…
国内には上場企業も含めて軽く400万社を超える企業や個人事業所があって、さらに一つの事業体の中には複数の仕事やセクションがある。

とてもじゃないが、それらがどういう仕事をするものなのか答えることなんてできっこないからだ。

曖昧な質問に返される曖昧な回答には無意味さを覚える次第だ。
そんなくだらない質問をするよりも私はもっと学生と語り合いたいと。

実のある話をね。

だから、学生が具体的な回答ができるように導いて行く必要性があるんだ。

今年も森部ゼミの就職内定率は90%を超えた!

九州共立大学で学んだことがその数字に繋がっているのであれば嬉しいね。

後輩君たちも先輩に続いて頑張って欲しい!

先ずは手始めに新聞を読んでみよう。

図書館で本を借りよう。

スタートは速い方が良いぞ♪

そして、スポーツビジネスコースの学生なら好きなスポーツを題材にした漫画を利用して勉強してはどうかな?

例えば『スラムダンク』は発行部数何冊だろうか?

1冊400円として総売上高はいくらになるのか?

著者へ支払われる印税はいくらなのか?

著作権ってなんだろう?

どういう契約の仕方があるの?

キャラクター商品やその他のネーミングライツではどういう契約がなされているのか?

 

『テニスの王子様』以降テニス人口は増えたのか?

 

 

 

『キャプテン翼』でプロ選手になった人の年棒総額はいくらなんだろう?

 

色々な疑問が次々と出てくるようになればしめたもの。興味を持った証拠だ。あとは事実がどうなのかを調べて行くだけで良い。

 

絶対楽しいと思うよ。勉強が好きになること請け合いだ。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>