ゼミ生には特に「読書の秋」を推したい・・・

スポーツビジネスコースなだけに「スポーツの秋」ってのはベタで悪くないのだが、やはりこの時期の学生には「読書の秋」を推したいところだ。ジャンルは問わないが、活字離れが激しいとされる傾向に終止符を打って欲しい。そこで最適の一冊を紹介したい。『永遠の0』、『ボックス』、『モンスター』で有名な百田尚樹氏の『影法師』だ。これを読むと人生について考えることになる。人間としてどうあるべきか、人間関係をどう構築するべきか、男としてどうあるべきかを否応なく考えざるを得なくなるのだ。映画化は必至だ。この本を読み終えた時には100%涙を流すことになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>