昨日

101015-120602.jpg

ゼミ生を連れて、小倉の西日本国際展示場で開催されていた『エコテクノ2010』を見学して来ました。

学生たちにとっても専門外のことに触れる機会は相当に刺激になったようで・・・

ある大学の農学部が民間企業とコラボして製造している化粧品の展示コーナーに行った時、私と研究者の方の会話を聞いていた学生が、

「文系にも分かる理系の話でとても面白かったです」
と言ってました。

これが正直な気持ちだと思います。
理系離れが著しい時代とは言われますが、
若い人達に科学に対する関心がなくなったのではなく、
「刺激」が足りないだけなんだと実感しました。
講義室ではおとなしくていつも眠そうにしている学生でも、
この日はとてもイキイキしていましたから。

学内で解決・改善できない問題も本当のプロに現実を見せてもらえば一気に好転すると思います。

やはり「本物」と「刺激」が大事なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>