社会人基礎力について・・・

経済産業省がしきりにその必要性を訴えている「社会人基礎力」を持っている社会人が一体どれほどいるでしょうか?

大学ではリテラシー教育に力を入れているものの、
名前からして学生に馴染むはずもなく、
のっけから形骸化しているように思えてしまいます。

実際に教壇に立ち、ゼミで触れ合い、研究室でフォローしてみたら良く分かるのですが・・・

本当に

それは驚く程に

・読みも
・書きも
・計算も
できない学生ばかりです。

私の職業は元々Jr.を含むアスリートの育成ですから良く分かるのですが、

できないことを無理強いしようとしても
・ケガをしたり
・トラウマを抱えたり
する「だけ」です。

できないことをできるようにするのが「指導の」プロと言うものでしょう。その点で大学はシステム的にプロではない。

・分数や小数を含む複合的な計算問題
・漢字の書き取りや言葉の用法
はとても重要な能力です。そこがほぼ出来ていない。
(逆に出来ている人は目立つので、結果的には就活でも有利です。)

よく「今の大学生の学力は中学生レベルだ」と評されますが、
とんでもない間違いです。

少し難しい小学6年生の問題も解けませんよ。
それを「良し」としてきたのがこれまでの日本。

「学校で習った勉強なんて実社会では使わないんだから」と高を括ってきたのです。
その成れの果てが今の日本。

このままで良いはずも無いと思うのですが。

ちなみに森部塾ではミーティング前に脳のウォームアップを兼ねてよく算数の問題を解かせています。その取り組む様を見ていると学力だけではなく、性格や特性までよく分かります。

重要な事は・・・

「解けない問題を目の前にした際にどういう行動をとるのか?」
という事なのです。

人生には難問・奇問が続出します。
逃げてばかりで上手く行くはずがありません。

急がず回っても到着できない時、
諦めるタイプが拾ってもらえる時代ではなくなりました。
学生にはしっかりとその事を伝えて行こうと思います。

今日から後期が始まります。。。

——————–
sent from WILLCOM 03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>