こういう礼儀正しい青年もいます。

中国は大連からの留学生で、起業・後継者コースとスポーツビジネスコースという九州共立大学経済学部の人気コースに興味を持ち、一年生の頃から私の研究室へ出入りしていた学生から届いたメールをご紹介します。

彼は後に私の会社で寝泊まりしながら、HPの作成と管理を行い、ボディメンテナンスの手技まで覚え、ビジネスプランコンテストにも応募し、日本語も堪能になりました。

真面目で、正直で、熱い男です。

****************************

社長、お疲れ様です!
私は内定をもらいましたが、勤務先が中国の時間が長くなるかも知れません。貿易関係の仕事で勤務します。日本と中国の架け橋になれるように頑張ります(^^)。

光陰矢のごとし!!
あっという間に 日本に来て7年目になります。
この間に社長からかなりお世話になりました。

ですから、私は将来、どんなになっても社長の恩を一生忘れませんp(^^)q。

これは私の人生観ですね!
毎回の出会いを大切にしますが、毎回の出会いを忘れないのはもっと大切です!!

先の事に対して人間は100%を予想できませんが、
でも今頑張れば何とかなる。
明日は今日次第だと信じていますから!!

もし、将来、私は力になれることがあったら必ず応援します(^0^)/。
mei cuo!!

また大学で会いましょう(^人^)。

****************************

大したものです。国は違えど、しっかりした教育を受けていれば人間は育つものですね。弊社のGET那珂川店の初期を固めてくれたのは彼です。それを今の店長がバトンを受け継ぎ更に成長させています。

私以上に彼と那珂川店の店長は強固な人間関係を築いています。
人の力、可能性はとても大きいものです。それが生かせるかどうかは、結局は教育や人間関係次第ですね。人は育つものではなく、育てるものだと思います。少なくともある段階までは。

そういった意味で放任主義を決め込んだ無責任な大人や親に対して憤りを感じています。。。

——————–
sent from WILLCOM 03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>