とても気になって仕方がありませんでした・・・

ある席にて相談を受けた時のことです。
質問の主は三人のグループでお越しになっていらっしゃいました。ご夫婦とその娘さんという構成です。

娘さんは二十歳前後の綺麗な方でしたが、
その方のつけ睫毛が目頭の方から四分の一ほど外れてまして・・・

確か右目だったと記憶していますが、瞬きをする度にファサファサと・・・

人事ながら完全に取れてしまうのではなかろうかと気になって仕方がありませんでした。

お母様が気付いて教えてくだされば良かったのですが、
いや、そもそもご本人は気付いていらっしゃらなかったのでしょうか?つけ睫毛って自分には見えないものなんですかね?

それに、ああいう時ってどう対処したら良いのでしょうか?

男同士だったら・・・
例えば、ズラがずれていたら教えられるものでしょうか?
うーん(゜-゜)・・・
私は思わぬ弱点に気付きましたね、今回。

触らぬ神に祟りなし、とは言いますが。
さて、皆さんならどうしますか?

——————–
sent from WILLCOM 03

3 thoughts on “とても気になって仕方がありませんでした・・・

  1. 分かりますよ、コレ。私も言わない派です(笑)
    よほど親しくない限り、本人に言えないですよね~。

    先生、アイプチってご存知ですか? 
    パッチリ二重の目元を作る‘接着剤’のようなものですけど…。

    以前勤めていた会社の先輩で、このアイプチの使い方が下手な人がいました。
    いつも瞼の一部がひっくり返ってるんですよ…。眼医者で瞼を返して診察される、あの状態がうっすらと感じられる状態だったのです。

    私、この先輩と目を合わせられませんでした。理由は分かりませんが、なんか悪くって。
    目が合わないように、観察はしましたけどね♪

  2. やっぱり言えないですよね。
    本来はこのケースだと母親が気を利かせるべきだと思うんですがねえ。
    しかし女性は色々大変ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>