消費税10%?・・・

高いのか?
適正なのか?
低いのか?・・・

消費税が無かった時代を知る者からすれば高いとも言えるし、

3%から5%と上がって来て、ここに来て10%というのも「まだ上げるのか?」と暗い気持ちにさせられます。

その一方で、世界の消費税状況を見ると「日本はまだマシな方だな」と納得する部分もない訳ではありません。

しかし、それを使って「諸外国はもっと高いんだぞ。日本はマシなんだ。だから国民もここは我慢しなきゃいけない」と洗脳するかのようなテレビ番組には言論統制の匂いを感じます。少なくとも、中立的ではありませんね。

各政党の代表者クラスを招いてディベートさせる形式の番組がよく放映されていますが、意図的な方向性を感じてしまいます。

何故、税収が減ったのか?
何故、赤字国債が減らないのか?
何故、総理大臣がコロコロ変わるのか?

少なくとも国民に責任を求め、負担を追わせるのは「筋違い」だと思います。

少子高齢化が進むことは、人口問題研究の専門家達が何十年も前から看破して提言してきていた訳ですし、

国債を発行しても事態が改善された実績は無い訳ですし、

総理大臣を含む政治の中枢にいる重鎮達自身のプライベートな失態が後を絶たないからです。

「優秀」とか「名門」と言われる国内外の大学で何を学び、大学院で何を研究してきたのか?世の中全く当てになりません。

「国民の信を問う」とか言ってますが、茶番ですね。
選挙システムの改変と議員定数の是正(縮小)無くしてこの国は変わりません。

そう確信しておきながら投票所に向かっている、やるせないMAPPYです。。。

——————–
sent from WILLCOM 03

3 thoughts on “消費税10%?・・・

  1. 消費税でもどう使うかですよね。税金がすごく高い国でも、
    しっかりとした社会福祉が充実してますし、正しいことに使ってくれれば何も問題はないんですが。
    選挙が終わりましたが、選挙の少し前だけアピールしているのが腹が立ちますね。
    これからは、高学歴の人をいれるのではなく、何かで実績を残した人、既存にとらわれないアイデアを出せる人に政治家になってもらいたいです。
    でも先に、政治家の人たちが身を切るのが先かな?と思います。国民の税金ばかりあてにされても、借金が増えるばかりです。

  2. 政治家は偽善者ぶっているのでだまされないようにしないとね。大体選挙カーで「最後のお願いに参りました。投票用紙には・・・・と書いてください」って叫びまわっていることの狂気に皆気付かなければいけない。最後のお願いだったら、落選したら次に出てくるんじゃないよ。・・・と書け、なんて脅迫と一緒だ。と憤ったりしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>