ずっと前から思っていたことですが・・・

成人式での問題行動を見る度に「止めれば良いのに」と思っていました。社会人として新たに仲間を受け入れる記念に祝福の会を催してあげたい、という気持ちは勿論持っています。が、馬鹿な連中を受け入れる気持ちは露ほどもありません。

冷たいでしょうか?

去る11日に秋田市で成人式の進行を妨害したとして、新成人の20歳の男4人と19歳の少年が警察に逮捕されました。26日のことです。20日に秋田市が被害届を出し、3日後に当事者が市に謝罪していたそうですが、警察は「社会的影響が大きい事件で、証拠隠滅の恐れがあった」と逮捕に踏み切った理由を説明しています。

どのような処分が下されるのかは分かりませんが、
・成人の意味を理解していなかったこと
・式を楽しみにしてきた同級生の晴れやかな気持ちを台なしにしたこと
・役所関係者や警察、裁判所に無駄な労力を使わせたこと・・・
等々、深く反省してもらわなくてはなりません。

と同時に家庭教育・学校教育の大事さを改めて実感しました。「教育の腐敗は社会の荒廃を生む」のは間違いありません。尤も学問的な教育だけでも社会が荒廃・衰退するのは政治家と官僚の醜聞で嫌と言うほど思い知らされていますが・・・。

「社会に貢献すること」に先んじて「他人に迷惑をかけないこと」の教育と実践ができる人が成人としての最低条件だと思います。

——————–
sent from WILLCOM 03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>