月曜日は・・・

毎週九州大学で体育の非常勤講師をしています。今期は身体運動科学実習?という科目でテニスを担当しているのですが、履修学生が33名でコートが7コートなので空きがないんですね、コートに。

学生たちにはテニスの経験者が多く、リーダー役を担当してもらっているのですが、それぞれに工夫しながら練習カリキュラムを作成しグループ練習を行っています。

なので、実質あまり出番はありません。客観的に観察していて面白いなと思うのは、リーダー役の学生は皆一様に優しくて和気藹々とした雰囲気を作れているというところです。一昔前ならいたであろう大声を張り上げて気合いを入れまくるような学生なんて皆無ですね。それでうまいことまとまっているのは九州大学だからでしょうか・・・。

そういった訳で私の仕事は体調が優れない学生の相手や個別の質問に来る学生への応対とレポート課題の作成位なものです。時間的には余裕があるので、レポートの課題は割と難しい内容を指定して「体育」の授業にしてはかなりアカデミックな内容になるように心がけています。

そのような中で、本日珍しい質問を受けました。
質問者は教育学部の女子学生です。
テニスに限らずスポーツ系の部活動の経験はないとのことでしたが、そんな彼女の質問は・・・

「先生バク転をやってみたいんですが(^^)・・・」
「ハイ?」

「私機械体操部なんですよ(^^)」
「ええっ?」

とても体操部どころか運動部の匂いをまるで感じなかった彼女から聞いた言葉に驚きを隠せませんでしたf(^^;)。

が、質問を受けた以上は答えなければいけません。
「バク転は20分あればできるよ。ブリッジと倒立はできなきゃ行けないけど」と条件付きながら回答すると、今度は彼女が
「ええっ?」と驚いて(@_@)・・・

「やってみてください(^^)/」とリクエストが。。。
10年ぶりにローンダートからバク転を決めてみました。

「おおっ!」
って体操部が驚いてどうするんだいっ(^^)!

来週続きを指導することになりましたf(^^;)。

—————–
sent from W-ZERO3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>