MAPPY節:大学教育について・・・

百年に一度の経済不況だとか、
出口の見えない景気後退だとか、
完全失業率5%突破だとか、
就職内定率50%未満だとか・・・

暗い話には事欠かない今日この頃です。

このように世の中が上手く行ってない中で、
大学をはじめとする高等教育機関には「即戦力」を養成することが求められています。

「即戦力」・・・
本当に言葉の意味が分かって使っているのでしょうか?
本当に目標を達成するためのノウハウを持って教育しているのでしょうか?

どこをどう観ても茶番にしか思えません。
その責を教育機関のみに問うことには大きな問題がありますが、
せめてもう少しまともに言葉の意味を捉える努力をした方が良いと確信します。

「即戦力」とは、試合や戦いの場、即ち勝敗を決する場で文字通り戦う力を持っていることを意味します。それをビジネスの場に応用しているだけに過ぎません。それも大袈裟に・・・。

ガチガチに言葉を受け止めるならば、ビジネスの場における即戦力とは営業成績を上げ、黒字を計上できる人間にこそ用いるべきでしょう。そんな人をどれだけ教育の現場で養成できるのか?

リアルなビジネスの現場においてさえ数字が残せずリストラの対象になっている人々が溢れかえっているのに、
・遅刻や欠席が普通
・室内でも帽子を被っているのが普通
・サンダル履きが普通
・後ろから座るのが普通
・ノートや筆記具を出さないのが普通
・漢字が書けないのが普通
・日本語を話せないのが普通
になっている教育の現場でどうやって即戦力を育成するというのでしょうか?

現実を見ていない。
全く・・・。
最早、「学士力」を高めるくらいでは社会全体の絶望感の特効薬とはならないでしょう。

文部科学省に限ったことではありませんが、
政府や行政が仕掛けることで上手くいった試しは長期スパンで見た場合ほとんどありません。

当たり前です。そういう機関の人間は現場を知らないのですから。
最初からできるはずもないのです。

高等教育機関が本気で即戦力を養成するというのであれば、
現場を知っている現役か現役に近いバリバリのビジネス経験者を常駐させて学生教育は無論ですが、教職員すらも徹底的に指導するべきでしょう。

そして更には保護者をも。

何故なら無責任極まりない日本人が増殖しています。
その責任は間違いなく
・国の政策の誤り
・保護者の無責任
に起因しています。

偉そうに思われるでしょうが、私は大学教育を立て直すための秘策は2つあるとみています。
1)大人検定制度の実施:検定の結果を就職の可否の材料とする(教養やマナーをある水準まで高めなければ就職も正当に難しくなります)
2)結婚検定制度の確立と検定の実施:1)と併せて経済力や教育力、教養、道徳性を判断
の2策です。

反論は当然あるでしょうが、実施できるかできないか、すべきかそうでないかを真剣に議論しても良い時代だと思います。

大学の教壇に立っていると真剣にそういう気持ちになります。こういう現場の意見を採り入れずして大学の革命は有り得ないのではないでしょうか・・・。官僚はせめてこうした画期的な取り組みや発案に耳を傾けるべきだと思います。

—————–
sent from W-ZERO3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>